老け顔に見せてしまう目元のたるみは取ってしまいましょう

婦人

たるみを取り除く流れ

カウンセリング

目元の悩みを取り去ってしまいましょう

目元のたるみを取る施術を試してみたいけれども、初めてのことなのでためらっている方も多いはずです。ここでは、そうした悩みを持っている方たちへ、美容施術の方法と流れを詳しく説明していきます。
まずは美容クリニックの予約を取って、カウンセリングを受けましょう。カウンセリングというと身構えてしまう方もいるようですが、特に難しいことを聞かれるわけではありません。どのようなことで悩んでいるのか、他にも悩んでいることはあるのかなどといったことを質問され、解決のためにあった方法を提案してもらうのです。気負うことなく、普段のメイクなどで気になっていることなどを、どんどん話しておきましょう。

美容施術を実施してもらいましょう

貴方の悩んでいる目元のたるみを確認してもらった後は、その解決にあった美容施術を行うことになります。目元の気になるたるみを取る方法は、いくつかの方法に分かれていることがあります。メインとなるのは、手術で目元のたるみを切り取ってしまう方法です。この方法には、たるみの原因となるふくらみから脂肪だけを抜き取る方法と、たるみを作っている皮膚ごと取り去る方法があります。後者は皮膚を縫合する必要がありますが、一週間以内には抜糸も終わり、傷口を残さずにたるみの再発を長期間防ぐことができるので人気の方法です。また手術の時間も、三十分程度と短い時間で済むことが多いようです。他にも美容注射やフェイスマッサージなどを併用して、さらに効果を高めることもできます。これらの処置は、目元だけではなく、顔全体の肌のハリを取り戻すことにも効果があります。

施術終了後のケアをしましょう

施術が終了した後は、ケアの手段を教えてもらいます。抜糸が必要になる切開手術の場合、メイクや洗顔をいつから行ってよいのかなどについて詳しい説明があるので、聞き漏らさないようにしましょう。大抵の場合、抜糸が終わる一週間程度は目元のメイクを禁止されることになるので、スキンケアなどは事前に終わらせておくと良いでしょう。また手術の後しばらくはコンタクトレンズを使用できないので、普段使用している方は眼鏡などを用意しておくことも必要です。なるべく目元に疲労を残さないように、当日はゆっくり休むことも必要です。

Copyright © 2017 老け顔に見せてしまう目元のたるみは取ってしまいましょう All Rights Reserved.