老け顔に見せてしまう目元のたるみは取ってしまいましょう

婦人

目元のたるみの発生原因

目元を触る人

目元のたるみが出る原因を知りましょう

なぜ目元のたるみが発生してしまうのでしょうか。それは、目元の筋肉と脂肪に関係があるのです。目元の仕組みを知れば、発生の理由と効果的な対策方法がすぐに分かります。
目元のたるみの正体は、実は顔の皮膚の下にたまっている「脂肪」と「老廃物」なのです。顔の皮膚は他の皮膚に比べてとても薄くなっています。そしてその顔の皮膚の中でもとくに薄い部位が、目元の皮膚なのです。そのため、目元に脂肪や老廃物がたまってきてその重さを支えきれなくなってしまうと、目元にたるみが出てきてしまうのです。しかし、実は脂肪自体はつねにある程度たまっているので、脂肪の量だけが原因というわけではありません。脂肪を支えきれなくなってしまうのは、結果でしかないのです。それでは何が本当の原因になるのでしょうか。詳しく原因を見ていきましょう。

たるみは老化が一位の原因

目元にたるみを発生させてしまう最大の原因は、老化によって目元の筋肉が衰えてしまうことです。目元の皮膚はとても薄く、それだけでは脂肪を支えきれないので、眼輪筋という筋肉で目元を引き締めています。しかし、表情筋が衰えてしまうことで支えきれなくなり、たるみが出てきてしまうのです。次に筋力の低下と並ぶ原因が、紫外線により肌のハリがなくなってしまうことです。紫外線は肌のハリを作り出している、コラーゲンなどのバランスを崩してしまいます。そのため肌の弾力がなくなり、たるみやすくなってしまい、またクマもできてしまうのです。

たるみは生活習慣も原因

たるみの原因としては、老化や紫外線以外にも生活習慣が大きな原因になっています。とくに大きいのは、寝不足や眼精疲労など目を酷使してしまうことです。現在、平均睡眠時間が短くなってきていることと、パソコンやスマートフォンなどの普及によって、目を酷使する生活が一般的になってきてしまっています。そのため、血行が悪くなり老廃物が流れなくなってしまうので、脂肪と一緒に目元の皮膚を圧迫してしまうのです。また目線が固定されることで目元の筋肉をあまり動かさなくなってしまい、眼輪筋がさらに衰えやすくなる原因となります。次に食事の内容も大きな原因です。偏った栄養ばかり摂ってしまうと、肌のハリを作るミネラルやコラーゲンなどの成分が不足してしまいますし、老廃物がたまりやすくなってしまうからです。またアルコールを飲みすぎて肌がむくんでしまうと、目元のたるみができやすくなってしまいます。

涙袋もたるみの原因になる

実は目元のチャームポイントとして知られている涙袋も、目元のたるみの原因になってしまう可能性があります。これまで見てきたように、目元のたるみは皮膚の下の脂肪や老廃物を支えきれなくなってしまうことで起きてしまいます。実は涙袋もこれと同じ仕組みで、皮膚の下の脂肪などが張り出している状態なのです。肌と眼輪筋が元気な若いうちは、ちょうどよい状態でキープできるのですが、老化によって衰えてくると目袋とよばれてたるみの原因になってしまうのです。これを防ぐためには、美容クリニックなどに相談して若いうちから対策を考えておくことが必要です。また美容クリニックの施術では、目元のたるみを効果的に取ることができます。

Copyright © 2017 老け顔に見せてしまう目元のたるみは取ってしまいましょう All Rights Reserved.